35 日本キリスト教団 芦屋西教会(109)

〒659-0083 芦屋市西山町9-14 TEL 0797-31-5497

芦屋西教会は創立52年を迎える教会です。ゆえあって旧芦屋打出教会に籍を置いた会員が結集し、関西学院神学部教授であった藤井孝夫牧師のもと、現在地において芦屋西教会が設立されました。

「粋な黒塀見越しの松」の民家を購入し、設立11年で、現会堂の完成(1981年)をみることができました。

さまざまな困難があったスタートでしたが、気持ちを共有した会員が前向きに活動に尽力、関西学院大学神学部の多大な支援があって藤井孝夫牧師、八十川昌代牧師、築山泰三牧師、山田謙牧師、若林一義牧師(現任)の牧会をいただいてきました。主任担任牧師不在の間も神学部から素晴らしい教師を送ってくださり礼拝を豊かに守り、ささげることができました。

当教会は現住陪餐会員66名(設立時は44名)で、地域に対し宣教活動を意識して行ってきました。大切な行事として、コンサート、講演会、バザー、クリスマスの夕べ、CSキャンプなどがあります(今はコロナ下で行えていませんが…)。

有志の活動としても、音訳グループ、コーラスグループ、器楽合奏グループなどがあります。教会内部中心の諸活動として、諸教会で行われているような集会も大切にされています。

また、5年前に結成された芦屋キリスト教協議会(市内10教会のエキュメニカル活動)に参加し、プレイースターイベント、夏の平和への祈り、クリスマスキャロル、聖書講座等の働きを通して市民への福音伝達にも熱意を注いでいます。
家族や若年層への信仰の継承、CSの子ども減少、コロナ下で昨今は地域活動や会員の対面交流が今までのように行えないことなど、諸教会にも共通する課題も大きいものがあります。

それにもかかわらず、可能性も秘めていると考えています。着任して1年余りの若林牧師は市内10教会教職のなかで最も若く活力をもって宣教活動に貢献していること、会員は高齢化してきているが年齢に比し元気があること、関西学院とのつながりなどを挙げることができます。

諸教会と同じように多くの課題をもちながらも、主のお守りとお導きのもと、よろこんで充実した教会形成に励む教会でありたいと願っています。