アート展
担当者 kbhadm01  登録日時 2018/10/14 9:11 (154 ヒット)

版画と書のコラボ展 【入場無料】
~作品を通してこころの共有~
■日時:2018年10月16日(火)~20日(土)
    11:00~17:00(最終日は正午まで)
■会場:クリスチャンセンター神戸バイブル・ハウス
〈招きのことば〉制作過程の“版木(はんぎ)は、版画の奥深さと作者の人となりを語りかけます。“書”もまた、文字を超えた世界と作者の心情を語りかけます。ご来場をお待ちしています。 イベント委員長 鍋島 猛

 
『版画に観る松岡進一の世界』
~制作過程の版木(はんぎ)を同時展示~
2007年3月、神戸市役所を定年退職(60歳)と同時に、木版画同好会・二木(にもく)会々員となり、研鑽を積み、多くの作品を残され た。2012年3月には、兵庫勤労市民センターにて、「木版画同好会展」を開催。その後も果敢な制作活動を続けられたが、2015年、病に倒れ、翌年の賀状制作半ばで、その活動を終えられた。


『書に観る西脇衛士の世界』
1942年神戸市にて誕生。デザイン学校で学び書道を正筆会・西谷卯木氏に師事。雅号「天門」。
耕筆業、版下師、筆文字の家業のかたわら、「みことば書道」に独自の世界を開いた。数回にわたる書道展、みことばカレンダーの発行等で今後も期待されていたが2010年6月20日67歳で召天。神戸ひよどり台教会信徒。
 
 

開始時間 11時00分
定員数 500人