投稿者 : kbhadm01 投稿日時: 2018-04-15 00:24:03 (94 ヒット)
神田 健次 氏昨年の秋、京都のNCC宗教研究所のプログラムで日本の宗教を学びにきているドイツとスイスからの研修生に講義を担当する機会が与えられた際、スイスから来られたカトリックのロルフ神父と知り合った。

ロルフ神父は、2月から3月にかけて京都から長崎まで26聖人がたどった道を巡礼する計画について話してくださり、途中立ち寄る神戸で宗教施設を案内してほしいとの依頼を受けた。

2月20日、阪急六甲で待ち合わせ、神戸の諸教会、モスク寺院、シナゴーグ、ジャイナ教寺院、モダン寺などを案内し、中華街で食卓を囲みながら、巡礼の旅について語り合った。

その時の宗教施設の写真を、その翌日ロルフ神父は、英語とフランス語で簡単な解説をつけながら、ブログで発信しておられた。

世界のエキュメニカル運動の歴史において、「巡礼の旅」(Pilgrimage)について語られたのは、信仰職制運動の予備的世界会議を1920年にジュネーブで開催する際に、アメリカの聖公会のC.H.ブレント主教が、すべてのものが一つとなるようにという主の祈りに共に応答して、長年にわたる教会の分裂に終止符を打つために、世界の諸教会に対して「一致への巡礼の旅」を呼びかけたのが最初である。

その後、1993年に国際的に著名な巡礼地であるスペインのサンチャゴ・デ・コンポステーラにおいて世界教会協議会(WCC)の第五回信仰職制世界会議が開催され、筆者も委員として参加する機会が与えられた。

第二ヴァチカン公会議以降、カトリック教会はWCCと多様な協力関係を形成し、信仰職制委員会にのみ正規に加盟してきたので、最も大切にしてきた巡礼地の一つをWCCの世界会議のために提供したのである。

その巡礼地を会場としたこともあり、「一致への巡礼の旅」というブレント主教の呼びかけに新たなスポットがあてられた。

そしてこの呼びかけは、次第に世界のエキュメニカル運動に浸透し、2013年に釜山で開催された第10回WCC総会では、諸教会に「正義と平和への巡礼の旅」という呼び、神戸バイブルハウスの長い歩みは、神戸のエキュメニカル運動を推進してきた「一致への巡礼の旅」と呼べるものであり、これからもその「一致への巡礼の旅」に共に参与したいと願ってやまない。

クリスチャンセンター神戸バイブル・ハウス理事
神田 健次 (関西学院大学名誉教授)

投稿者 : kbhadm01 投稿日時: 2017-07-02 00:08:43 (391 ヒット)
副理事長 松浦 信行 師この頃感じることですが、今の時代の限界や課題が、テレビや新聞などでよく議論されているようです。

私の住んでいる四国・高松では先日は「四国がなくなる」と言ったテレビ番組がありました。四国は人口減少が他の地方よりも顕著で、この10年間は特に厳しいようです。また「民主主義の崩壊」、「災害という国難」など、色々な問題が続出しているという感じです。

そんな番組や記事を見ていると、問題の深刻さの指摘に始まり、それが深まって課題が大きくなり、わたしたちの心が萎えてしまう衝撃を描き出します。

しかし課題列挙だけでなく、解決策として新しい発想、若い力が問題解決をしていく力強さが指摘され、まだわたしたちの社会には未来を明るくする可能性があることを示してくれます。

今年、ルターの宗教改革500年をキリスト教では祝っています。秋には、神戸バイブルハウスも、マルチン・ルターの地を訪ねてという巡礼の企画があります。

500年前の出来事の中に、私が属しているカトリック教会の腐敗の中、際だった動きがそこに現れてきたことをキリスト教史の専門家から聞いたことがあります。

それは、ルターの後出てきたカトリック教会の反宗教改革の中で、フィリッポ・ネリ、ピエル・ベリュリュー、フランシスコ・サレジオ、ヴィセンシオ・ア・パウロ、ペトルス・カニジシウス、といった人たちが起こした運動です。

その中身は、若い人たちの教育を充実させ、若い人々を育てるといった活動でした。その流れが、イタリアでフランスでそしてドイツで起こりました。

従来の発想ではなく、新しい時代の発想、純粋な目で見る未来への若者の発想が、その後のカトリック教会を創っていったといわれています。

そしてその流れはフランシスコ・ザビエルを通して、日本にもたらされたとそのキリスト教史の専門家はわたしたちに話してくれました。

神戸バイブルハウスも、そうでありたいと思います。

切迫した財政運営の中、神戸バイブルハウスの基金に、10周年記念事業特別基金があります。これは、青少年のための基金です。わたしたちエキュメニカルな交わりの中で培ってきたこの運動を、法人化とともに、青少年に向けた動きへと目を向けていきたいと思っています。

子供達、青年達が生き生きとする社会はわたしたちにとっても喜びの社会となるはずですから。

投稿者 : kbhadm01 投稿日時: 2017-04-25 01:52:09 (375 ヒット)
理事長 中村 豊 師前号の、理事長ご本人の巻頭メッセージにもありましたように、バイブル・ハウス創立以来理事長職を担っていただいた池長大司教が、3月末をもって退任されました。

バイブル・ハウスを今日まで牽引してくださいました労に深く感謝申し上げます。
これに従い、池長大司教の後任として小職が4月より理事長職を引き継ぐことになりました。
と同時に、任意団体から公益法人化への脱皮が長年の懸案事項でありましたクリスチャンセンター神戸バイブル・ハウスは、まもなく一般社団法人として新たな出発をいたします。

本法人は聖書の紹介と普及を推進すると同時に、教派の異なる人たちが協働することによって教会の一致を図ることが主目的であり、それに基づいて様々な活動を実施します。

第一は聖書の普及活動です。日本聖書協会との協力体制によって、聖書の研修や展示、啓発・文化活動を通して、神の御言葉である聖書に触れる機会を兵庫県地域の人たちに提供します。

第二は、教派を超えたキリスト者同士の学びや奉仕活動を実施します。これは、教派の優劣を競うためではなく、信仰生活のあり方の違いを学び、互いの立場を尊重しながら協働し、交わりを深めるのが目的なのです。

最後は、バイブル・ハウスを財政的に支えるために、バザーや旅行を実施し、各種集会のために会場を提供します。

この3つの事柄を常に念頭に置きながら、新たな一歩を踏み出すことになりますが、社団法人の社員及び友の会会員の存在抜きにしては、組織運営は成り立ちません。
どうか関係者各位のご協力とご支援を宜しくお願いいたします。

クリスチャンセンター 神戸バイブル・ハウス 
理事長 中 村 豊 師

投稿者 : kbhadm01 投稿日時: 2017-02-19 08:48:36 (335 ヒット)
理事長 池 長 潤2017年のスタートは世界的にも大きな変化の時となりました。

アメリカの大統領にドナルド・トランプ氏が就任し、これまでの政治とはかなり違った政策を打ち出しました。ロシアとはよい関係を生み出し、アメリカの利害を重視する自国中心の政治を営み、中国、日本、メキシコとの貿易をこれまでと変化させ、メキシコの国境に壁を作り、一部のメディアをきびしく批判するなど、かなり強硬な路線を明確に踏み出しました。

ところで、私たち神戸バイブルハウスも、これまで10年以上の年月を経て、かなりの変化を迎えざるを得ない時期にさしかかっています。

キリスト教諸派が手を組んで、皆で造り上げてきた成果がいろいろな分野で顕著に現われました。とくに愛の理念に沿った協力により、すばらしい業績をあげてきたと思います。

聖書セミナーや聖書の展示、キリスト教的な絵画の奨励、キリスト教の精神にもとづくさまざまなイベントの実践、いろいろなチャリティー活動、広報の働き、巡礼の旅の企画など、キリストを信じる兄弟姉妹の協力によって、すばらしい実績をあげることができたことを振り返り、深く感謝いたします。感謝はまず神様に捧げるとともに、バイブルハウスのメンバーでいらっしゃる皆様にも心から申し上げます。

この間、私がずっと理事長をさせて頂いて参りました。
ところが、すでに80歳を迎え、しかも、淡路島の洲本に移り住んでおりますため、明石海峡大橋を渡って、バイブルハウスの責任を続けてゆくことが無理になりました。2017年度からは、理事長を退かせて頂く必要があります。

これまで私を支えて下さった主教様や牧師先生方に感謝いたしますとともに、今後はバイブルハウスをよろしくお願いいたします。
最後になりましたが、この場所を提供して下さった杣さんに厚く御礼申し上げます。

クリスチャンセンター神戸バイブル・ハウス
理事長:池長 潤 師

投稿者 : kbhadm01 投稿日時: 2016-12-25 10:52:42 (344 ヒット)
吉田 隆 牧師皆様、はじめまして。2014年の春に、長年住み慣れた東北は仙台の地から、西宮(甲子園)へと移ってまいりました。右も左もわからぬままに前任の先生がなさっていた仕事を引き継ぐことになりましたが、その一つが神戸バイブル・ハウス理事の仕事でした。

ところが、あれよあれよという間に、今度は「セミナー委員会」の重責まで引き受けることとなりました。まことに貧しい器ではありますが、これまですばらしい働きをしてくださった岩村義雄先生はじめ関係者の皆様の熱い思いに応えるべく、良いセミナーを継続させることができますよう精一杯奉仕をしたいと願っております。ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

さて、来年2017年は「宗教改革500年」ということで、国内外で広く(カトリック教会も含めた)記念の行事や出版などがなされるようです。

私どもの「聖書セミナー」もまたそれを記念して、年明け早々“ルターと聖書”についてのセミナーを企画しました。

さらに、来年秋に刊行予定の新日本聖書刊行会訳の『聖書新改訳2017』や2018年に刊行予定の日本聖書協会による『標準訳聖書』(仮称)など、次々と誕生する新しい翻訳聖書について学ぶ機会も予定しています。
考えるだけでワクワクするような年になりそうです。

皆様の新しい年の歩みが、私たちの「道の光」(詩119:105)である御言葉に導かれる豊かな歩みとなりますように、心からお祈り申し上げます。

吉田 隆 牧師
クリスチャンセンター神戸バイブル・ハウス理事
(日本キリスト改革派甲子園教会牧師 / 神戸改革派神学校校長)

(1) 2 3 4 »
ミニカレンダー
前月2018年 6月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<今日>
神戸バイブルハウスの地図
神戸バイブルハウスのエントランス写真
クリスチャンセンター
神戸バイブル・ハウス
■住所:〒651-0086
神戸市中央区磯上通4-1-12
■TEL&FAX:(078)252-1966

■KBHの場所は、下のリンクをクリックしてください。別ウインドウでグーグルマップを表示します。
https://goo.gl/maps/Br3r6