投稿者 : kbhadm01 投稿日時: 2018-08-12 07:30:24 (16 ヒット)
鍋島  猛 師“信仰と歴史”遺産の共有

「わたしは、あなたの住んでいる所を知っている。そこにはサタンの王座がある。しかし、あなたはわたしの名をしっかり守って、わたしの忠実な証人アンティパスが、サタンの住むあなたがたの所で殺された時でさえ、わたしに対する信仰を棄てなかった。」(ヨハネの黙示録2:13)

今年6月30日、バーレンで開催された第42回世界遺産委員会に於いて、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産として登録されることが正式に決定しました。わたしは、この事を素直に喜び、嬉しく思います。と同時に神様からの新たな使命が与えられ、キリスト者としての責任を覚えさせられます。

まず、わたしは、日本人キリスト者の一人として、彼らの信仰と歴史を良く学び、正しく理解し、先達の信仰と歴史を共有させて頂きたいと思います。ザビエル来日(1549年)から徳川家康のキリシタン禁制(1613年)に至る戦国時代キリシタンの信仰と歴史、その後1865年の大浦天主堂竣工と信徒発見に至るまでの252年にわたる潜伏キリシタンとしての苦悩と光栄、さらに1873年、禁制高札撤去までの患難と勝利を真摯に学びたいと思います。

次に、この信仰と歴史の遺産を、一教派の占有ではなく、すべてのキリスト者で共有させて頂きたいと思います。神様からの掛け替えのない遺産として、お互いの信仰に生かしたいと願います。

さらに、これは世界遺産であることを心に留めるとき、当然全日本国民の遺産であることに気付かされます。言い換えれば、この信仰と歴史の遺産をキリスト者以外の人々とも共有させて頂くと言うことであり、それはとりもなおさず、日本における第三次福音宣教の幕開けと言えるのではないでしょうか。※第一次は1549年、第二次は1873(明6)年。

ここに生きたエキュメニカルの証しがあります。そして、これを機に、さらに一般社団法人クリスチャンセンター神戸バイブル・ハウス(KBH)への理解を深め、協働を活性化させていただき、さらに多くの方々が“KBH友の会”にご参与くださることを切にお願いしてやみません。

クリスチャンセンター神戸バイブル・ハウス 理事・運営委員
鍋島 猛 師  日本イエス・キリスト教団牧師

投稿者 : kbhadm01 投稿日時: 2018-06-30 00:10:52 (52 ヒット)
理事:菅根 信彦 氏「近代文化」と言われている現代社会の中には大きく「二つの文化的な源流」があると言われています。一つは「ギリシア的文化」。もう一つが「ヘブライ的文化」。この二つを分かり易く「人間の五感」「感覚作用」で言い換えれば、ギリシア文化は「見る文化」と言えます。それに対して、「ヘブライ文化」は「聴く文化」と言うことができます。この両者の文化が、近代キリスト教文化の根底にあると言われています。

前者の「ギリシア文化」は「見る」という視覚を大事にします。日本語に「観照」という言葉があります。もともとは「仏教用語」ですが、「対象を主観を交えずに冷静に見つめていくこと」を示します。自分の前にある実体や事象をそのまま受けとめて把握し理解するということです。「科学の目」とも言えます。「ギリシア文化」はこの「観照」という視点から、論理学を形成し、自然学や形而上学を発達させていきます。あるいは、人間の理性活動の基礎を与えていきます。

他方、「ヘブライ文化」の基調となる「聴く文化」があります。これは、「聖書の文化」と言ってもよいかも知れません。聖書は「人は神と向き合って生きる存在」であることを強調し、人格的な対向関係の確立を促しています。「聴く文化」はまさに、個人の人格を形成し、主体的な決断を伴う要素を強く持ちます。耳から入る言葉は、心の中で思い巡らされ、一つの自由な決断がなされていきます。

両者の視点は文化だけの問題ではなく、人間の関係性にも言えることです。
例えば、痛手を負った悲しみを分析して理解すること、これが「見る文化」です。他方、「隣人の悲しみを一緒に痛むこと」これが「聴く文化」の特徴です。宗教的文化と言っても良いかも知れません。

私たちが生きる現代社会はまさに「見る文化」に圧倒され、大きなバランスを欠いてきているとも言えます。「聴く」という自己の内面の確立、見えない心の配慮、共感する思いの復権が社会全体に求められています。

KBHは「聖書図書館」の役割を担っています。「聖書セミナー」「キリスト教世界セミナー」などの講座や「巡礼の旅」の企画など活動は多岐にわたっています。この時代においてどのように「神の言葉」である聖書を読んでいくか、あるいは、心に聴いていくかを考える示唆を与えられます。

ぜひ、KBHを広く活用ください。また、その働きに参与ください。

クリスチャンセンター 神戸バイブル・ハウス 理事
日本基督教団神戸教会牧師

菅根 信彦 師

投稿者 : kbhadm01 投稿日時: 2018-04-15 00:24:03 (134 ヒット)
神田 健次 氏昨年の秋、京都のNCC宗教研究所のプログラムで日本の宗教を学びにきているドイツとスイスからの研修生に講義を担当する機会が与えられた際、スイスから来られたカトリックのロルフ神父と知り合った。

ロルフ神父は、2月から3月にかけて京都から長崎まで26聖人がたどった道を巡礼する計画について話してくださり、途中立ち寄る神戸で宗教施設を案内してほしいとの依頼を受けた。

2月20日、阪急六甲で待ち合わせ、神戸の諸教会、モスク寺院、シナゴーグ、ジャイナ教寺院、モダン寺などを案内し、中華街で食卓を囲みながら、巡礼の旅について語り合った。

その時の宗教施設の写真を、その翌日ロルフ神父は、英語とフランス語で簡単な解説をつけながら、ブログで発信しておられた。

世界のエキュメニカル運動の歴史において、「巡礼の旅」(Pilgrimage)について語られたのは、信仰職制運動の予備的世界会議を1920年にジュネーブで開催する際に、アメリカの聖公会のC.H.ブレント主教が、すべてのものが一つとなるようにという主の祈りに共に応答して、長年にわたる教会の分裂に終止符を打つために、世界の諸教会に対して「一致への巡礼の旅」を呼びかけたのが最初である。

その後、1993年に国際的に著名な巡礼地であるスペインのサンチャゴ・デ・コンポステーラにおいて世界教会協議会(WCC)の第五回信仰職制世界会議が開催され、筆者も委員として参加する機会が与えられた。

第二ヴァチカン公会議以降、カトリック教会はWCCと多様な協力関係を形成し、信仰職制委員会にのみ正規に加盟してきたので、最も大切にしてきた巡礼地の一つをWCCの世界会議のために提供したのである。

その巡礼地を会場としたこともあり、「一致への巡礼の旅」というブレント主教の呼びかけに新たなスポットがあてられた。

そしてこの呼びかけは、次第に世界のエキュメニカル運動に浸透し、2013年に釜山で開催された第10回WCC総会では、諸教会に「正義と平和への巡礼の旅」という呼び、神戸バイブルハウスの長い歩みは、神戸のエキュメニカル運動を推進してきた「一致への巡礼の旅」と呼べるものであり、これからもその「一致への巡礼の旅」に共に参与したいと願ってやまない。

クリスチャンセンター神戸バイブル・ハウス理事
神田 健次 (関西学院大学名誉教授)

投稿者 : kbhadm01 投稿日時: 2017-07-02 00:08:43 (413 ヒット)
副理事長 松浦 信行 師この頃感じることですが、今の時代の限界や課題が、テレビや新聞などでよく議論されているようです。

私の住んでいる四国・高松では先日は「四国がなくなる」と言ったテレビ番組がありました。四国は人口減少が他の地方よりも顕著で、この10年間は特に厳しいようです。また「民主主義の崩壊」、「災害という国難」など、色々な問題が続出しているという感じです。

そんな番組や記事を見ていると、問題の深刻さの指摘に始まり、それが深まって課題が大きくなり、わたしたちの心が萎えてしまう衝撃を描き出します。

しかし課題列挙だけでなく、解決策として新しい発想、若い力が問題解決をしていく力強さが指摘され、まだわたしたちの社会には未来を明るくする可能性があることを示してくれます。

今年、ルターの宗教改革500年をキリスト教では祝っています。秋には、神戸バイブルハウスも、マルチン・ルターの地を訪ねてという巡礼の企画があります。

500年前の出来事の中に、私が属しているカトリック教会の腐敗の中、際だった動きがそこに現れてきたことをキリスト教史の専門家から聞いたことがあります。

それは、ルターの後出てきたカトリック教会の反宗教改革の中で、フィリッポ・ネリ、ピエル・ベリュリュー、フランシスコ・サレジオ、ヴィセンシオ・ア・パウロ、ペトルス・カニジシウス、といった人たちが起こした運動です。

その中身は、若い人たちの教育を充実させ、若い人々を育てるといった活動でした。その流れが、イタリアでフランスでそしてドイツで起こりました。

従来の発想ではなく、新しい時代の発想、純粋な目で見る未来への若者の発想が、その後のカトリック教会を創っていったといわれています。

そしてその流れはフランシスコ・ザビエルを通して、日本にもたらされたとそのキリスト教史の専門家はわたしたちに話してくれました。

神戸バイブルハウスも、そうでありたいと思います。

切迫した財政運営の中、神戸バイブルハウスの基金に、10周年記念事業特別基金があります。これは、青少年のための基金です。わたしたちエキュメニカルな交わりの中で培ってきたこの運動を、法人化とともに、青少年に向けた動きへと目を向けていきたいと思っています。

子供達、青年達が生き生きとする社会はわたしたちにとっても喜びの社会となるはずですから。

投稿者 : kbhadm01 投稿日時: 2017-04-25 01:52:09 (394 ヒット)
理事長 中村 豊 師前号の、理事長ご本人の巻頭メッセージにもありましたように、バイブル・ハウス創立以来理事長職を担っていただいた池長大司教が、3月末をもって退任されました。

バイブル・ハウスを今日まで牽引してくださいました労に深く感謝申し上げます。
これに従い、池長大司教の後任として小職が4月より理事長職を引き継ぐことになりました。
と同時に、任意団体から公益法人化への脱皮が長年の懸案事項でありましたクリスチャンセンター神戸バイブル・ハウスは、まもなく一般社団法人として新たな出発をいたします。

本法人は聖書の紹介と普及を推進すると同時に、教派の異なる人たちが協働することによって教会の一致を図ることが主目的であり、それに基づいて様々な活動を実施します。

第一は聖書の普及活動です。日本聖書協会との協力体制によって、聖書の研修や展示、啓発・文化活動を通して、神の御言葉である聖書に触れる機会を兵庫県地域の人たちに提供します。

第二は、教派を超えたキリスト者同士の学びや奉仕活動を実施します。これは、教派の優劣を競うためではなく、信仰生活のあり方の違いを学び、互いの立場を尊重しながら協働し、交わりを深めるのが目的なのです。

最後は、バイブル・ハウスを財政的に支えるために、バザーや旅行を実施し、各種集会のために会場を提供します。

この3つの事柄を常に念頭に置きながら、新たな一歩を踏み出すことになりますが、社団法人の社員及び友の会会員の存在抜きにしては、組織運営は成り立ちません。
どうか関係者各位のご協力とご支援を宜しくお願いいたします。

クリスチャンセンター 神戸バイブル・ハウス 
理事長 中 村 豊 師

(1) 2 3 4 5 »
ミニカレンダー
前月2018年 8月翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<今日>
神戸バイブルハウスの地図
神戸バイブルハウスのエントランス写真
クリスチャンセンター
神戸バイブル・ハウス
■住所:〒651-0086
神戸市中央区磯上通4-1-12
■TEL&FAX:(078)252-1966

■KBHの場所は、下のリンクをクリックしてください。別ウインドウでグーグルマップを表示します。
https://goo.gl/maps/Br3r6