友の会
友の会 : KBH所蔵 貴重本紹介
投稿者 : kbhadm01 投稿日時: 2020-01-01 00:00:00 (18 ヒット)
KBH所蔵 貴重本紹介

今回は、玄関ロビーの書架のケースFの貴重本を紹介したいと思います。ここには次の明治および昭和初期に刊行された旧約聖書の分冊が展示されています。




①蔵書番号48旧約聖書詩篇1898(明治31)年、
②蔵書番号883箴言1936(昭和11)年、
③蔵書番号886ヨブ記1936(昭和11)年、
④蔵書番号927第二イザヤ1939(昭和14)年。

これらの本が刊行された経緯は次の通りです。
明治初期、日本に伝道に来た宣教師達は、各教派が合同して和訳聖書に取り組みました。
新約聖書については、1879(明治12)年に終了し、次いで旧約聖書に取り組みました。
翻訳は最初、なかなか進まず、翻訳チームの改編等の紆余曲折があったのですが、最終的に常置委員会と言う組織ができ、1883(明治16)年の創世記を皮切りに1888(明治21)年の詩篇をもって完成しました。
詩篇の翻訳を担当したのは、常置委員会の、G.H.F.フルベッキ、C.M.ウイリアムズ、松山高吉、植村正久です。
いずれも日本キリスト教宣教史に名を残す偉大な人達ですね。
あとの「箴言」、「ヨブ記」、「第二イザヤ」は、湯浅半月と言うヘブライ語を専攻した旧約学者で詩人でもある人です。
これらは旧約聖書原典のヘブライ語から訳されています。
湯浅氏は風流な方で平家琵琶を得意とし、レコードも販売されています。

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
ミニカレンダー
前月2020年 7月翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<今日>
神戸バイブルハウスの地図
神戸バイブルハウスのエントランス写真
クリスチャンセンター
神戸バイブル・ハウス
■住所:〒651-0086
神戸市中央区磯上通4-1-12
■TEL&FAX:(078)252-1966

■KBHの場所は、下のリンクをクリックしてください。別ウインドウでグーグルマップを表示します。
https://goo.gl/maps/Br3r6