巻頭言
巻頭言 : No.90 飼い葉桶餌と生 なりしか神の御子 前田 万葉 師
投稿者 : kbhadm01 投稿日時: 2018-10-14 06:30:00 (74 ヒット)
前田  万葉 師カトリックの幼児洗礼を受けた私にとって、馬小屋は最初の宗教教育の題材であり、信仰的原風景です。実は、その原風景を確認するために43年前に初めて聖地ベツレヘムを訪ねました。そして今年8月21日から31日までなんと43年ぶりに2回目の訪問をいたしました。

初めての訪問の時は、時間と自分の意識の不足や、十分な状況判断や学習がなかったからなのでしょう、あまりにもその風景は私の信仰的原風景とかけ離れていました。ただご誕生の教会堂があり、その一角に生誕場所としてのしるしがあるという、それだけの印象でした。

もちろん、そこには飼い葉桶も、幼子も、マリアも、ヨゼフも、羊飼いたちも、3人の博士たちもいなかったとの印象でした。星のしるしがあるだけですと言っても過言ではありませんでした。私の信仰的原風景は、聖書のルカ福音書2章の1節から20節までと、マタイ福音書2章1節から12節までの、福音が描写された風景だからです。

ところが、43年ぶりに行った今回は、まず、「羊飼いたちの野」の場所を訪問し、ここに、私の信仰の原風景が、教会の中にも外の洞穴の中にも、絵となり模型となり再現されていました。父が故郷の仲知教会で心身込めて作り上げていた馬小屋風景と同じで、まさに父は聖地に行って観て来たのかなと思うぐらいでした。そのあと生誕教会に行き、どのようにこの風景と生誕場所がつながるのかを確かめてみました。

今回は、生誕教会自体の荘厳な状況よりも、誕生場所そのものに洞窟を感じ、その斜め右下に飼い葉桶の場所を確認することができました(飼い葉桶 餌と生りしか 神の御子)。そして、この洞窟を中心にして、動物たちの様子、天使たちのお告げを受けて拝みに来た羊飼いたち、東方から星に導かれて拝みに来た占星術の学者たちという、原風景を感じ取ることができました。聖地巡礼は、1度より2度、2度より3度、4度でもとお薦めいたします。

最後にクリスマス句を数句…
「クリスマス 天に栄光 地に平和」
「馬小屋に 白黒黄の 博士おり」
「馬小屋を 拝みし母子 父もいて」
「喜びの インマヌエルや クリスマス」
「いつくしみの 座に着くみ子や クリスマス」
「祭壇が 飼い葉桶なり クリスマス」
「毎日が サンタクロース クリスマス」。


クリスチャンセンター
神戸バイブル・ハウス理事

前田  万葉 師
【カトリック枢機卿 大阪大司教区大司教】

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
ミニカレンダー
前月2018年 12月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<今日>
神戸バイブルハウスの地図
神戸バイブルハウスのエントランス写真
クリスチャンセンター
神戸バイブル・ハウス
■住所:〒651-0086
神戸市中央区磯上通4-1-12
■TEL&FAX:(078)252-1966

■KBHの場所は、下のリンクをクリックしてください。別ウインドウでグーグルマップを表示します。
https://goo.gl/maps/Br3r6