巻頭言
巻頭言 : No.78【巻頭言】神戸のキリスト教の一源流〜聖書翻訳事業など:菅根 信彦 KBH理事
投稿者 : kbhadm01 投稿日時: 2016-11-07 00:46:28 (499 ヒット)
菅根信彦牧師日本基督教団神戸教会は1874年(明治7年)4月19日、第1次会堂である元町講義所において、「アメリカン・ボード(American Board of Commission for Foreign Missions)」(米国外国伝道委員会)から派遣された宣教師D.C.グリーン(Daniel Crosby Greene)より洗礼を授けられた11名の信徒によって「摂津第一公会」として設立します。
西日本では最初のプロテスタント教会として誕生します。

グリーン宣教師は、後に来日を果たした、デーヴィス(Jerome Dean Davis)、ベリー(John Cutting Berry)、アトキンソン(John Laidlaw Atkinson)、ダットレー(Julia Elizabeth Dudley)、タルカット(Eliz Talcott)などの宣教師たちと共に「神戸ステーション」を形成し、伝道・教育・医療・聖書翻訳・讃美歌編集など多岐にわたり宣教の翼を広げていきます。

「私塾女学校の設立」(神戸女学院の前身)「七一雑報の発行」「神戸女子神学校の開校」「赤心社の北海道開拓事業の推進」「神戸基督教徒青年会の設立」「頌栄保母伝習所・頌栄幼稚園の開設」「神戸孤児院(現神戸真生塾)の事業推進」など、新しい宣教活動の展開を続けていきます。

さらに、『神戸基督教会歴史大要』によれば、広く西日本を伝道圏内と考え多くの地域に青年たちを派遣して伝道と教会設立に尽力したことが記されています。

さらに、世界各地に福音を携えていった宣教師同様に、その任務として聖書の翻訳事業にも携わっていきます。聖書和訳の試みは1871年(明治4年)のゴーブルによる俗語体に「摩太福音書」の出版をはじめ、1872年(明治5年)横浜宣教師会議において、新約聖書の翻訳事業の開始が決定されます。

各教派から委員を選出し、グリーン宣教師、国学の素養をもつ初代神戸教会の牧師となる松山高吉もそのメンバーに加わっていきます。1879年(明治12年)全巻を完了し翻訳委員会社中として出版されていきます。

格調高い文体であったと言われています。また、讃美歌集については、1874年(明治7年)4月、摂津第一公会の創立時に用いられた前田泰一編ものが最初の邦訳讃美歌と言われています。縦13㎝、横9.5㎝、和紙6頁に8篇の歌詞が木版で印刷されたものでした。

今では当たり前のように手元にある聖書と讃美歌、そして、いつでも手に取り読むことができる聖書、さらに、歌うことができる讃美歌も、実は多くの信仰の先達の働きによって歴史の中で受け継がれ、翻訳・歌集作業を経て今があるのです。

現在も日本聖書協会では新翻訳事業が進められています。このような、弛まぬ取り組みが、福音を伝え、キリスト教文化の形成のための地道な働きとなっています。

菅根 信彦 師
クリスチャンセンター 神戸バイブル・ハウス 理事
(日本基督教団 神戸教会牧師)

 

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
ミニカレンダー
前月2018年 8月翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<今日>
神戸バイブルハウスの地図
神戸バイブルハウスのエントランス写真
クリスチャンセンター
神戸バイブル・ハウス
■住所:〒651-0086
神戸市中央区磯上通4-1-12
■TEL&FAX:(078)252-1966

■KBHの場所は、下のリンクをクリックしてください。別ウインドウでグーグルマップを表示します。
https://goo.gl/maps/Br3r6