投稿者 : kbhadm01 投稿日時: 2018-04-15 01:34:17 (36 ヒット)
広報委員長 赤川 祥夫 師イースターおめでとう。よみがえられた主イエス・キリストは私どもの光です。輝く太陽と言われる場合もありますが、地球上のどこにいるのかによって太陽のありがたみは変わってきます。山陰地方では春の太陽は待ち焦がれたものにちがいありません。けれども、アリゾナの砂漠では太陽は殺人的な輝きでしかないのかも知れません。その場合には蔭こそがいのちの助けです。

神戸の岡本にも住んだこともある谷崎潤一郎は「陰翳礼賛」という文章を著し、昔の都ホテルが多すぎる白色照明器具で蔭をなくしていることに憤り、書院造りの床の間と障子の美学を賞賛したりしています。

陰翳は何にでも深みを与え、奥行きを感じさせます。太陽自体は素晴らしいものですが、太陽にさらされる側が薄っぺらではどうしようもありません。年度が替わっていろいろな新しいことが始まっています。薄っぺらな信仰を反省して、深みと奥行きのある教会へと、よみがえりの主の招きに応えたいと願っています。

投稿者 : kbhadm01 投稿日時: 2018-04-15 00:24:03 (65 ヒット)
神田 健次 氏昨年の秋、京都のNCC宗教研究所のプログラムで日本の宗教を学びにきているドイツとスイスからの研修生に講義を担当する機会が与えられた際、スイスから来られたカトリックのロルフ神父と知り合った。

ロルフ神父は、2月から3月にかけて京都から長崎まで26聖人がたどった道を巡礼する計画について話してくださり、途中立ち寄る神戸で宗教施設を案内してほしいとの依頼を受けた。

2月20日、阪急六甲で待ち合わせ、神戸の諸教会、モスク寺院、シナゴーグ、ジャイナ教寺院、モダン寺などを案内し、中華街で食卓を囲みながら、巡礼の旅について語り合った。

その時の宗教施設の写真を、その翌日ロルフ神父は、英語とフランス語で簡単な解説をつけながら、ブログで発信しておられた。

世界のエキュメニカル運動の歴史において、「巡礼の旅」(Pilgrimage)について語られたのは、信仰職制運動の予備的世界会議を1920年にジュネーブで開催する際に、アメリカの聖公会のC.H.ブレント主教が、すべてのものが一つとなるようにという主の祈りに共に応答して、長年にわたる教会の分裂に終止符を打つために、世界の諸教会に対して「一致への巡礼の旅」を呼びかけたのが最初である。

その後、1993年に国際的に著名な巡礼地であるスペインのサンチャゴ・デ・コンポステーラにおいて世界教会協議会(WCC)の第五回信仰職制世界会議が開催され、筆者も委員として参加する機会が与えられた。

第二ヴァチカン公会議以降、カトリック教会はWCCと多様な協力関係を形成し、信仰職制委員会にのみ正規に加盟してきたので、最も大切にしてきた巡礼地の一つをWCCの世界会議のために提供したのである。

その巡礼地を会場としたこともあり、「一致への巡礼の旅」というブレント主教の呼びかけに新たなスポットがあてられた。

そしてこの呼びかけは、次第に世界のエキュメニカル運動に浸透し、2013年に釜山で開催された第10回WCC総会では、諸教会に「正義と平和への巡礼の旅」という呼び、神戸バイブルハウスの長い歩みは、神戸のエキュメニカル運動を推進してきた「一致への巡礼の旅」と呼べるものであり、これからもその「一致への巡礼の旅」に共に参与したいと願ってやまない。

クリスチャンセンター神戸バイブル・ハウス理事
神田 健次 (関西学院大学名誉教授)

投稿者 : kbhadm01 投稿日時: 2017-07-02 00:29:57 (266 ヒット)
広報委員長 赤川 祥夫 師冤罪「狭山事件」によって石川一雄さんは1963年5月23日に逮捕された。
以来54年、無期懲役の有罪判決を受けたまま、1994年に「仮釈放」されたとは言っても「見えない手錠」をはめられたままで、石川さんは78才を迎えた。

有罪の根拠とされたいくつもの「証拠」が偽物であり、警察・検察のねつ造によるものだったことが明らかになったが、高裁は再審開始の決定をずるずると引き延ばしている。裁判長が再審開始決定に傾くと、どういうわけか人事異動が行われる。
筆者は再審を求める神戸市民の会にも賛成し、共に行動している1人である。

今年の5月23日には、あろうことか「共謀罪」法案が衆院可決してしまった。1925年に成立した悪名高い「治安維持法」とほぼ全く同じ内容の法律が制定されようとしている。
一部の権力者・軍国主義者以外は大きな声でものを言うこともできない、言えば投獄される、という経験をして、戦後ようやく自由にものを言える社会を作ろうと、憲法で基本的人権を保証しようとしてきたのではなかったか。

被差別部落に生まれたゆえに文字も書けず、基本的人権を奪われたまま「被告人〜犯罪人」とされてしまった石川一雄さんは、いま国民の先頭に立ってその大切さを訴えている。共に闘おう。

広報委員長 赤川 祥夫 師

投稿者 : kbhadm01 投稿日時: 2017-07-02 00:08:43 (372 ヒット)
副理事長 松浦 信行 師この頃感じることですが、今の時代の限界や課題が、テレビや新聞などでよく議論されているようです。

私の住んでいる四国・高松では先日は「四国がなくなる」と言ったテレビ番組がありました。四国は人口減少が他の地方よりも顕著で、この10年間は特に厳しいようです。また「民主主義の崩壊」、「災害という国難」など、色々な問題が続出しているという感じです。

そんな番組や記事を見ていると、問題の深刻さの指摘に始まり、それが深まって課題が大きくなり、わたしたちの心が萎えてしまう衝撃を描き出します。

しかし課題列挙だけでなく、解決策として新しい発想、若い力が問題解決をしていく力強さが指摘され、まだわたしたちの社会には未来を明るくする可能性があることを示してくれます。

今年、ルターの宗教改革500年をキリスト教では祝っています。秋には、神戸バイブルハウスも、マルチン・ルターの地を訪ねてという巡礼の企画があります。

500年前の出来事の中に、私が属しているカトリック教会の腐敗の中、際だった動きがそこに現れてきたことをキリスト教史の専門家から聞いたことがあります。

それは、ルターの後出てきたカトリック教会の反宗教改革の中で、フィリッポ・ネリ、ピエル・ベリュリュー、フランシスコ・サレジオ、ヴィセンシオ・ア・パウロ、ペトルス・カニジシウス、といった人たちが起こした運動です。

その中身は、若い人たちの教育を充実させ、若い人々を育てるといった活動でした。その流れが、イタリアでフランスでそしてドイツで起こりました。

従来の発想ではなく、新しい時代の発想、純粋な目で見る未来への若者の発想が、その後のカトリック教会を創っていったといわれています。

そしてその流れはフランシスコ・ザビエルを通して、日本にもたらされたとそのキリスト教史の専門家はわたしたちに話してくれました。

神戸バイブルハウスも、そうでありたいと思います。

切迫した財政運営の中、神戸バイブルハウスの基金に、10周年記念事業特別基金があります。これは、青少年のための基金です。わたしたちエキュメニカルな交わりの中で培ってきたこの運動を、法人化とともに、青少年に向けた動きへと目を向けていきたいと思っています。

子供達、青年達が生き生きとする社会はわたしたちにとっても喜びの社会となるはずですから。

投稿者 : kbhadm01 投稿日時: 2017-05-27 08:20:42 (317 ヒット)
聖書セミナー講義録 宣伝 〔 セミナー委員会 〕

日本聖書協会主催
「聖書セミナー」『講義録』(1,000円 税別)最新刊のご案内

Vol. 6 (2016.7.31発行)
樋口 進 氏:「エゼキエル書を学ぶ」
森川 甫 氏:「救い主イエス〜カルヴァン・パスカル・ロジェ」
工藤弘雄 氏:「聖書と聖化」

Vol. 7 (2016.7.31発行)
笠井恵二 氏:「十戒」
津村俊夫 氏:「創世記1章と2章における地と水について」
村田充八 氏:「『否定の論理』なき社会の宗教的根本動因」

※バックナンバーもあります。
Vol. 1 (2006.7.31発行)辻 学氏、鍋谷 堯爾氏、水垣 渉氏(絶版)
Vol. 2 (2010.7.14発行)茂 洋氏、春名 純人氏
Vol. 3 (2011.11.1発行)大田 正紀氏、本田 哲郎氏、勝村 弘也氏
Vol. 4 (2012.11.1発行)安田 吉三郎氏、橋本 昭夫氏、鳥飼 慶陽氏
Vol. 5 (2013.発行) 中道 政昭氏、村田 充八氏、白方 誠彌氏


※その他、過去のセミナーのCDも扱っています。
KBH事務局までお問い合わせください。

(1) 2 3 4 ... 11 »
ミニカレンダー
前月2018年 5月翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<今日>
神戸バイブルハウスの地図
神戸バイブルハウスのエントランス写真
クリスチャンセンター
神戸バイブル・ハウス
■住所:〒651-0086
神戸市中央区磯上通4-1-12
■TEL&FAX:(078)252-1966

■KBHの場所は、下のリンクをクリックしてください。別ウインドウでグーグルマップを表示します。
https://goo.gl/maps/Br3r6